北海道庁爆破・再審請求裁判(大森勝久)


裁判年表

1976年3月2日 午前9時2分頃、道庁1階ロビーで手製爆弾が爆発、2人死亡、95人が重軽傷 
同年 8月10日 離道寸前に苫小牧港で、爆発物取締罰則3条違反(製造器具所持)容疑で逮捕される
同年 9月1日 所持容疑では起訴されず、釈放と同時に道庁爆破容疑で再逮捕 
同年 9月23日 道庁爆破事件で起訴。同日、道警事件で再々逮捕(不起訴)
1977年2月8日 札幌地裁で初公判
1983年 3月29日 札幌地裁、求刑通り死刑判決
1988年1月22日 札幌高裁、控訴を棄却
1994年7月15日 最高裁、上告棄却
1994年9月6日 最高裁、判決訂正申立てを棄却し、死刑判決が確定
2002年 7月30日 札幌地裁に再審請求を申立て
同年10月2日には再審弁護団、道警の化学鑑定を偽造とする新証拠を提出
2004年 9月29日 札幌地裁、再審請求審で当時の鑑定を担当した道警元職員 を証人尋問
2006年11月1日 弁護団が意見書(再審請求補充書(十))提出 
 同年11月30日、札幌地検が意見書提出 
2007年3月19日 札幌地裁、再審請求を棄却 
同年3月22日、札幌高裁に即時抗告を申立て 
2008年5月28日 札幌高裁、即時抗告を棄却
2008年 6月2日 最高裁に特別抗告申立て
2011年12月19日 最高裁第3小法廷、特別抗告を棄却
2013年1月23日 第2次再審請求書を札幌地裁に提出
2016年3月28日 札幌地裁、第2次再審請求を棄却 
同年3月31日、札幌高裁に即時抗告を申立て 
2017年1月11日 第2次再審請求 札幌高裁即時抗告を棄却
2017年1月16日 第2次再審請求 最高裁に特別抗告申立書を提出
2017年7月18日 第2次再審請求 最高裁第1小法廷、特別抗告を棄却


トップページに戻る      「大森勝久 略歴」を見る


 北海道庁爆破・再審請求裁判(大森勝久)